遠い山に雪

生活における瑣末なことあれこれを書きます

感情はすべて波であり

最近のことをちょこちょこと ぜんぶ食べ物の話だった

寝ても休んでも疲れが取れず体調にめちゃくちゃ出てわりとおしまいに近いのですが、まあ楽しくやっています〜食がいちばんの楽しみなのに味覚障害になってしまい、何を食べても臭くてつらい。。。チョコだけ美味しく食べられる日々です。

f:id:dstn18c:20240209183018p:image

f:id:dstn18c:20240209183043p:image
f:id:dstn18c:20240209183035p:image
f:id:dstn18c:20240209183028p:image

世界の美しさを伝えたくてものづくりをしている

夏から少しずつ制作を進めていた、コンテストへの応募作品が完成した。ここのところずっと構成を考えていたのでやっと完成して脳のメモリが解放された。今は久しぶりに脳がすっきりしている。期間内に完成させられてよかった〜〜…!前回よりも納得のいくものが作れるようになって、少しずつでもちゃんと成長しているのだと実感する。私は自分が"良い"と思うものしか作れないのだけれど、それを突き詰めるときっといつか誰かが共感してくれるんじゃないかと思って発信していて、それは私が過去に誰かの文章や写真や映像や漫画に感動したからだ。世界のどこかでひっそりと発信されているなにげないものに共感したり、救われたりしたので、私も誰かに影響を与えたくてインターネットをやっている。もちろん自分のメモという側面もあるが。私が見ている「世界の美しさ」を誰かと共有したい。そんな気持ち。

f:id:dstn18c:20240131182423j:image

ものづくりは完成像が見えないままにこねくりまわしている間はしんどいけれど、自分なりに完成したときの気持ちよさがすごい。この気持ちよさがやめられなくて、忘れられなくて、また制作に手をつけてしまう。合法で味わえる快楽。ものづくりに楽しさをおぼえられる体に生まれてよかったとしみじみ思う。疲れていて文章がうまくまとまらない。今日はこれだけにしておこう。またね。


f:id:dstn18c:20240131182426j:image
f:id:dstn18c:20240131182429j:image

モネ展の感想

モネ展を見に行った。平日だったので並ばずに当日券で入れて快適。中もそれほど人が多くなく、適度に賑わっていて良い感じに見て回れた。感想としては、モネ、絵が上手すぎる……いや当たり前なんだけど。それにしたって、絵が上手い。ゴッホ展を見に行ったときもデッサンを見て同じことを思った記憶がある。近くで見ると筆でささっと描いただけのような跡が、引いて見るとちゃんと人間に見えたり、山に見えたり、船に見えたりする。それがすごい。あと、色使いがすごかった。白い面を描くのに紫やグレーや青や黄色を使っていたりする。私は白を描くのに紫は使えないかも……と思いながら眺めた。モネの「なんでもない景色を特別に切り取る視点」がすごくて、でも、きっとモネの人生にはつらいことや大変なことがたくさんあったのかな、と感じた。つらいことがあればあるほど世界は美しく見えるから。なんでもない日常を美しく思えるのは、その日常が貴重であることを知っているからだ。モネの絵はどれも色使いや視点が美しく、だからこそ世界の儚さを感じた。あと、同じくらいの期間の作品でも筆の使い方?絵の具の塗り方?が全然違って面白かった。いろんな描き方を試していたのかな。モネくらいすごいクリエイターでも作風とか作り方に悩むことがあるんだろうか。目の前の風景の最適な切り取り方を試行錯誤していたことがよくわかる展示だった。

f:id:dstn18c:20240124200030j:image

モネの作品、人生に関する説明を読んでいたら、晩年には作品そのものだけでなく連作としての展示の仕方についても考えることがあったとあり、そこまでいくのか……と思った。作品そのものを最高の出来にするために努力するのは当たり前で、それがどの順番でどう展示されればいちばん良く見えるのかを考えていたらしい。すごすぎる。そこまで考える美術家ってどれくらいいるんだろうか……そして、いま各地の美術館に展示されているモネの作品たちは、モネの望んだかたちで展示されているんだろうか。

記憶に残っている作品は、桃と水が瓶に入っているような絵と、涙でぼやけた視界のような絵。後者の作品は説明には何も書いていなかったけれど、見た瞬間に「モネはこれを描いたとき、泣いていたのかな」と感じた。あとで調べようと思っていたのをいま書いていて思い出したので、今日こそあとで調べる。あとはもうひとつずっと見ていられるような山の景色の絵があって、お土産はその絵のポストカードを買った。グッズショップが外にあって驚いたのと、やっぱり限定のロルバーンは品切れで入手できなかった。でもお土産は基本的にポストカードと決めているので散財しなくてよかったと思うことにする。今回は美術や文学が好きな友達と行って、絵を見ながらいろんなことを話して二時間も見て回っていた。人と美術展に行くの楽しいな〜。自分が絶対に作れないであろう作品をえらぶ気持ちで見て回るのが好きだ(どれも作れないよ、というツッコミは置いておいて)。その友達と今度は浅草を楽しむ約束をした。生きる気力をもらった一日。

一年後の自分に贈る、アドベントカレンダー計画

アドベントカレンダーを楽しんでみたい。カルディのやつとかデパコスのやつとか、世間にはアドベントカレンダーが溢れているが、私はアドベントカレンダーを買ったことがない。今年はムーミンのやつがAmazonで売っていたので買ってみたのだが、配送の不具合で配達されないまま12月が終わり返金となってしまった。残念。

そんな私であるが、今年は自分でアドベントカレンダーを準備してみようと思っている。方法は簡単。毎月2つ、12月の自分に向けてごほうびを準備し、12月になったら毎日ひとつずつ開けていくのだ。スタバチケットとかメモ帳、付箋、雑貨とか簡単なものならお金もそんなにかからないし、数ヶ月後、一年後の自分が喜ぶものってなんだろうと考えるのが楽しい。年末にはたぶん環境もだいぶ変わっているだろうし、アドベントカレンダーを開ける頃にはなにを用意したのか忘れているだろうから、きっと新鮮に喜べると思う。一年後に開けることを考えると食べ物を入れるのは難しいけど、その分のお金と題目を封筒に入れておくのもいいかも。友達に経緯を話してお金を預けてプレゼントを選んでもらうのもいいかも。考えるだけでわくわくするなあ。最近はずっとこれについて考えている。

お金をかけないアドベントカレンダー(?)もいいなと思っていて、嬉しかったことを紙に書いておいて年末にランダムに開けて振り返るのもいい。とにかくわくわくして幸せな気持ちになりたいのだ。これはアドベントカレンダーと呼んでよいのだろうか。まあ私なりのアドベントということで!生活を楽しんでいこう〜。

f:id:dstn18c:20240119140357j:image

年末年始あれこれ

冬が深まったせいか、朝起きるのがしんどくなってきた。寝ても寝ても無限にねむい……。

年末年始は結局体調を崩したりしていて進捗はほぼ生まれなかった。年始から災害、事故、事件が多くて精神が非常に揺さぶられてしまい、不安や緊張にひっぱられて体の凝りがひどくなったり自律神経がおしまいになったりしていた。9時に起きたのにぼんやり座っていると17時になっていたり。洗いものも洗濯物も積読も積み上がったまま。しかしわかったのは、休みだから気合い入れてやることやっていこう!ではなく、日常のなかに組み込んで着々とやっていく覚悟が必要なのだということ。一点集中ではなく、工程を細かく分解して日常に散らばせていきたい。簿記の勉強も本格的に始めて2月末に受験の申し込みをしたので、地道に頑張る。

f:id:dstn18c:20240110132501j:image

2023年に買ってよかったものといえば、私はマッサージガンがトップ3に入るかも。ゆうても専門知識のあるプロの手でほぐしてもらわないと…と思っていたけど、整体師さんに聞いたら毎日のセルフケアも大事だし、マッサージガン良いですよ〜と言ってもらったので買ってみたところ、大当たり。Amazonで買った適当な安いやつなのだけど、二週間に一回整体に通わないと体が凝りすぎて息ができなくなっていた体が、一ヶ月に一回の通院でよくなった。毎日5〜10分体に当てているだけでだいぶ楽になる。首も背中も脇腹も楽になった。二週間に一回の通院はさすがにお財布に厳しいので、ストレッチやお風呂、筋トレも組み合わせて整体に通う頻度を減らしたい。

年末年始のお休みくらいから、YouTubeをまたたくさん見るようになった。手帳や日記を書いたりしながら動画をゆるゆる流し見するのが癒し。最近よく見てるのは、クイズノック、ほんタメ、旅行系Vlog。mikuさんというYouTuberの旅行Vlogが映像も綺麗だし音声もテロップも見やすいトーンで流し見に最適で動画の時間も長いので作業中に流している。フィンランドへの旅行Vlogが冬バージョンも夏バージョンもすごくよかった。クイズノックは「朝からそれ正解」シリーズを見てにやにやしている。乾さんの他人の回答への難癖の付け方(※語弊)がとても好き。あと須貝さんの知識の広さにいつも驚く。ほんタメはひたすら最近読んだ本動画を流し見。他人の本の感想とか紹介とかを聞くのが大好きだから楽しいし、あかりんさんの紹介の仕方・言葉選びが上手いので飽きずに見られる。たまに読んでみたい本に出会っては読書メーターにチェックしている。あとは手帳系YouTuberさんの動画もよく見る。みんなの手帳の使い方を知れて楽しい。

[ Finland Trip ] 北欧に恋して、夏のフィンランドに行ってきた!フィンエアーで行く7泊9日のフィンランドの旅を一気見! - YouTube

東大生ら10人で朝からそれ正解!【#29】 - YouTube

最近読んだ本を10冊紹介します【2024年1月】 - YouTube

日によってすごく体調が悪かったり体に張りや凝りがでてしんどかったりもするけれど、お風呂に入ってちゃんと寝れば次の朝には回復していることも多くて、睡眠ってすごい…と思っている。子どもの頃に比べて年々睡眠の回復効果を実感している。夜ふかしも好きだけれど、最近はいっぱい寝たい気分。今年は活動量を増やしたいし、睡眠の質を高めることに注力するのもいいかも。

f:id:dstn18c:20240110133643j:image

おみくじは大吉だった!幸先が良い🌿

2024年にやりたいこと100

NOLTYのサイトでやりたいことリストを作れることを知ったのでやってみました。

月に8〜9個達成できれば全クリ。いや、さすがに無理かな……

f:id:dstn18c:20240104175224j:image
f:id:dstn18c:20240104175227j:image

お金の話や人の名前はぼかしてます。

今年も楽しく過ごすぞ〜!

1年でやりたい100のコト | ノルティ 能率手帳 手帳、日記、カレンダー

 

部屋を片付けたほうがいいのはわかってる

すっかり年末です。なのに東京はまだあったかい日が多いね…こわいね……。晴れが多いのはありがたいんだけど、これだけ日中あったかい日が多いと急に寒くなるのがこわい。肉のハナマサでゆずが安いな〜とか思ってたら冬至も過ぎて、これからは日が長くなっていくのみですね。メンタル脆弱民としては山場を過ぎた気分でちょっと気が緩む。年末年始はおうちでゆっくり日常をやりながら読書と製作に勤しむ予定です。溜めてる編集待ちのデータがいっぱいあるので……。

f:id:dstn18c:20231227215330j:image

12月に入ってからのこの一ヶ月は、出かけたときにクリスマスツリーを見つけて集めるという遊びをしていました。今月は体力的にも気力的にもなかなかお出かけができなくて家と職場を往復するのみの日ばっかりだったけど、それでも15個も集められた!赤×緑の定番なツリーもかわいいけど、くすんだゴールドとかシルバー系のツリーがおしゃれでかわいいな〜と思いました。真ん中のでかい写真が今年集めたなかで一番好きなやつ。ツリーは家に置く場所がないから買えないけど、同じマンションで玄関にクリスマスリースを飾ってるおうちを見つけていいな〜と思ったので来年はかわいいリースを買いたい。リースも今月生活しながらちょこちょこ見つけたけど、くすんだゴールド×深めの赤色の色味のがリッチな印象で良かった!来年はもっとクリスマスを楽しみたいな〜!ちなみに今年のクリスマスケーキはア・ラ・カンパーニュのを買いました。

f:id:dstn18c:20231227215724p:image

年末年始、一週間ほどお休みがあるのでおうちの掃除洗濯もちょっと頑張りたい。つい後回しにしちゃいがちな場所の掃除とか、断捨離とか、一時物置きにしちゃってるソファーの上とかを綺麗にしたい。なんか、他の人の生活の写真を見ていると、テーブルの上とかソファーの上が綺麗すぎてびびる。みんな、毎日飲むからいちいちしまうのはめんどくさい薬たちとか、あとでポイント付けにいこうと思ってるレシートとか、ちょいちょいさしたい目薬とか、ウェットティッシュとか、あとで整理したいレシートとか、どこにしまってるの?どうしてみんなのテーブルはそんなに整ってるの……?ちっちゃい箱とかに分類して棚にしまってるんですか?一生綺麗にならないんですが。。みんなの生活の知恵・ライフハックを知りたいよ〜〜。

年末も粛々と「日常」をやっていく。生活リズムを崩さない!散歩に行く!お皿を洗う!よいお年を!